トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

マニュアル−セッティング

ここでは、Tracktion全体の一つであるsettings(セッティング)スクリーンの解説をしま
す。


audio devices(オーディオデバイス)タブ

オーディオI/F、MIDI I/Fの設定を行います。

全体に関する設定

use realtime priority mode
Tracktionをシステム上最優先して実行させます。ただし、特定のVSTプラグインのインターフェースにアクセスすることでシステムがフリーズする可能性があります。これはTracktionの問題ではないので、どうすることもできません。注意して使うようにしてください。
only show enabled device
disabled(使用不可)に設定したデバイスを表示しないようにします。見やすくするためのオプションですが、誤ってdisabledにしたデバイスが表示されなくなる可能性がありますので、そういう状態になったときはここのオプションをチェックしてください。

WAVE DEVICE

オーディオ信号の出力先を設定します。
使用するドライバを以下から選択します。
ドライバの種類
DirectSound 備考
ASIO 使用しているI/Fにより名前は異なる?
ASIO DirectX Driver EWDMドライバのようです
ASIO DirectX Full Duplex Driver こちらもEDWMドライバでしょうか
ASIO Multimedia Driver
none オーディオを使わない場合

基本的には ASIOドライバの方がレイテンシが少ないので、なるべくASIO対応のオーディオI/Fを使うようにした方が良いでしょう。

【↑ページの先頭へ】

ドライバ毎の設定項目(入力/出力共通)

enabled(利用可能)/disabled(使用不可能)
複数の入力デバイスがあるときは、使わないデバイスは「disabled(使用不可能)」に設定できます。使用しないデバイスは「disabled」に設定しておくと、メモリやCPUリソースを節約できます。
treat as stereo channel pair(ステレオとして使う)
2チャンネル(L/R)の入力を単独で使いたいとき(例えばボーカルとギターを別のトラックに入力したい場合など)は、このチェックを外します。ステレオになっているときは DEVICE(1+2)のように1つだけ/モノラルのときは DEVICE In (1)、DEVICE In (2)のように2つ表示されます。
input/output
入力用がinput/出力用はoutputと表示されます。

【↑ページの先頭へ】

出力用デバイスのみの設定項目

dithering enabled (ディザリングを使う)
ごく小さなノイズを含ませることで出力をなめらかにする(ディザリング)します。音質を上げるための処理ですが、違いが判らない場合も多いので、使いたい人は使ってください。ディザリング自体は一般的な用語なので、わからない人は調べてみてください。
left/right reverced (左右反転)
右と左の出力を逆にします。

【↑ページの先頭へ】

入力用デバイスのみの設定項目

enable end-to-end
チェックすると常に利用可能な状態に保ちます???
input gain
オーディオの入力信号のゲインを調整します。(通常は0で良いでしょう)
trigger level
トリガーレコーディングのレベル設定をします。ここの値を -INF以上に設定すると、設定値以上の入力を検知してから録音を開始します。
time adjust
再生しながら録音するときに、出力した再生信号と入力信号の間には遅延が生じます。そのままだと録音時の誤差が生じるので、ここでその値を調整します。
auto-detectボタン
上記「time adjust」値を自動設定します。オーディオの出力信号がそのまま入力できるようにした状態でボタンをクリックすると、実際に音を出してループバックした音との誤差を計算します。
alias
Editウインドウに表示するデバイス名を変更したい時に指定します。自動的に表示する名前が数字だとわかりづらいので、LとかRの付いた名前に変更しておくと良いでしょう。
record mode (録音モード)
(たぶん、既にクリップがあるところに録音した時の動作だと思います??)
overlay newly recorded clips onto edit ・・・ 新しいクリップで上書き(標準)
replace old clips in edit new ones ・・・ 古いクリップを新しいものに置き換える
don't make recordings from this device ・・・ このデバイスから録音をしない
filename
新しく録音したデータにつけるファイルに付ける名前のパターンを指定します。
file format
オーディオデータの形式をWAVE/AIFFのいずれかで指定します。
bit depth
オーディオファイルのbit数を 16bit/24bit/32bit で選択します。

【↑ページの先頭へ】

WAVEデバイス全体の設定項目

sample rate
録音時のサンプリングレートを指定します。
latency
レイテンシ(遅延)を指定します。一般にレイテンシが小さいほど良いのですが、小さすぎると不安定になります。一般的な用語なので用語がわからない方は調べてください。
use ASIO direct mode
「ASIOダイレクトモード」を使います。通常はオフの状態で、不具合のあるデバイスで使うときにチェックをすると解消する場合があります。
show ASIO control panel
ASIOのデバイス付属の設定パネルを開きます。(ドライバによる)
restart device
デバイスを初期化します。不安定なときに試します。

MIDI DEVICE

MIDIデバイスの設定を行いますが、「ベロシティ」や「クオンタイズ」などの一般的な用語についてはここでは説明しません。

出力デバイスのみの設定

pre-delay
出力タイミングを微調整します。例えば外部MIDI音源などで、発音まで遅延のある装置などはやや早めに信号を送るように設定すると良いでしょう。

【↑ページの先頭へ】

入力デバイスのみの設定

action
(たぶん、既にクリップがある状態で録音したときの動作を指定です??)merge newly recorded midi into any existing clip ・・・ 既にあるクリップに併合する(標準)
overlay new clips containing newly recorded midi ・・・
replace existing clips with newly recorded midi clips ・・・
end-to-end from this device, but don't actually record ・・・
midi filter
録音対象にするMIDIチャンネルを指定します。
channel
録音されるクリップのMIDIチャンネルを指定します。
program
録音されるクリップのプログラムナンバーを指定します。
set program ボタン
上記「program」をGMナンバーから選択します。
alias
エディット画面に表示するデバイス名の別名をつけます。
quantize
入力時にクオンタイズを掛けたいときはここで指定します。
set all incoming note verocities
入力されたノートのベロシティをすべて最大値にします
time adjust
たぶん、入力信号のタイミングを微調整するものだと思います。
enable end-to-end
入力信号のモニター出力(end-to-end)を可能にします。VSTiなどを利用する場合はここのチェックをつけておきましょう。

【↑ページの先頭へ】

plugins(プラグイン)タブ

directories to search for plugins

VSTi、VSTプラグインをインストールしたフォルダを指定します。複数のフォルダを指定できます。

尚、プラグインフォルダで階層化して配置しておくと、プラグイン(=フィルタ)を配置するときのそのフォルダ階層を再現してメニュー表示されますので、目的に応じてフォルダで分類して設置しておくと良いでしょう。

files to ignore when searching:

プラグインを組み込むときに、初期化できなかった(利用できなかった)プラグイン名が入ります。

プラグインに不具合があるとTracktionが勝手に「危険」を察知してここに入れますが、ここに名前を書かれているプラグインは使えませんので、バージョンアップしたりして再度試したいときは、そのプラグインの名前を消してください。

always check for new plugins as startup

起動時にプラグインをいちいち探しているとその分時間が掛かるので、前回の設定で起動することができます。

なので、ここのチェックを外しておくと起動が早くなりますが、新しくプラグインを組み込んだりしたときは、手動で認識させる必要があります。

  • rescan plugin directories

プラグインディレクトリを手動で検索します

    • clear the ignored plugins list and do a complete rescan

完全にプラグインを検索しなおします。

    • just look for plugins that are new or have changed

新たに追加されたか、変更のあったプラグインのみを探します。(若干処理が早い)

enable ReWire

ReWire(他のReWire対応アプリケーションとの連携)を有効にします。
Tracktionは ReWireのホストとしてのみ機能します。

add low-lebel noise to avoid denormalization

Pentium4 CPUでの'denormalization問題'に対処するため、ごく小さな(-500dbくらい)のノイズを発生させます。

一時的に異常にCPUに負荷が掛かる不具合を防ぐためですが、CPUに起因するもので、Pentium3 や、AMDのCPUでは問題ありません。(Celeronでは問題がある場合と無い場合があるような気がします・・???)

【↑ページの先頭へ】

key-mappings(キーセッティング)タブ

アルファベットやファンクションキー(F1〜F12)に割り当てるショートカット・キーの割り当てを変更することが出来ます。

操作に慣れると、マウスで操作するよりもキーボードで操作した方が早いこともありますから、積極的に利用するようにしましょう。

※ただし、あまり変更した場合、他のマニュアルに書かれているショートカットキーと操作が異なる場合が出ますので、自己責任でお願いします。

【↑ページの先頭へ】

miscellaneous(その他)タブ

username

ユーザー名を入力します。ここで指定した名前が製作者としてエディットやプロジェクトに保存されます。

export user settings... ボタン

キーマッピングやフィルタのセッティングを含む、セッティング画面の内容を .trksetting ファイルとして保存します。

import user settings... ボタン

エクスポートした .trksettingファイルを読み込んで設定します。

temp directory

波形データやトラックをフリーズした時の音声データを保存するためにTracktion内部で使用するフォルダを指定します。

なるべくアクセス速度の速いドライブに指定しておいた方が良いでしょう。

auto-save edits

エディットを自動保存する間隔を指定します。

Tracktionの自動保存は、既存のエディットに上書きするのではなく、別の場所に保存しておき、PCのフリーズや停電によって正常にTracktionが終了できなかったとき、次回に起動されたときに自動保存されたエディットからデータを復元するか選択する形式です。

※知っている人なら、Microsoft Office2000 までなら MS-Word の自動保存のやり方と同じ(OfficeXP以降は Excelでも)と言えば判るかも知れません。

通常、使っているときに自動保存を意識する必要はありませんが、長時間保存を忘れていたという場合にはきっと役に立つでしょう。ただし、自分で明示的に保存しておく癖をつけた方が無難なことは間違いありません。(Ctrlを押しながらSキーを押すとほとんどのアプリケーションで「上書き保存」できます。Tracktionも同様です。)

saving edits

エディットを閉じる前に、まだ保存されていなかったときに確認をしてから保存するか、確認せずに上書きするかを選択します。

undo levels

アンドゥ(やり直し)のための履歴保存回数を指定します。大きくするとそれだけディスクを消費することになります。

cache size

ディスクからのオーディオデータを読み込むために使用するメモリ・キャッシュサイズを指定します。この値が大きい方が負荷が小さくなりますが、当然それだけのメモリを搭載する必要があります。

middle-C

MIDIノートの中央のC(ド)の位置を"C3"〜"C5"の間で設定します。

midi popup

ピアノロール画面で、MIDIツールバー(鉛筆ツールなど)を表示する位置を「トラックの左側」か「クリップの左側」のいずれかで指定します。

track resizing

トラック(の左側)をダブルクリックしたときに変化させる高さを、

  • 最小 → 最大 → 最小
  • 最小 → 中間の高さ → 最小
  • 最小 → 中間 → 最大 → 最小

の中から選択します。

renaming a clip in an edit also renames its source item

チェックしておくと、エディット内のクリップ名を変更したときに対応するオーディオファイルも一緒に名前を変更します。

hide big VST interfaces when the mouse isn't over them

ウインドウサイズの大きなインタフェースを持つVSTプラグインの時は、マウスポインタがそのウインドウ上に無いときは自動的に隠します。

send all-controllers-off midi massage when play stops

プレイをストップしたときにMIDIのall-controllers-offメッセージを出力して、音源が発音したままになるのを防ぎます。

【↑ページの先頭へ】