トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

デモ版について

Tracktionのデモ版について

制限事項は?

デモ版は、インストール後2週間以上経つと(※1.6.0.1から変わったようです)使っている時に定期的に「ザーッ」というラジオの雑音のようなノイズが入ります。
それ以外の制限は(ほとんど)ありません。
それ以外には無いと思っていたんですが、どうやらトラックなどの「レンダリング機能(自動バウンス機能?)」が使えないようです!
もしかすると、他にも細かいところで使えない機能があるかもしれません。

また、よくある「デモ版は古いバージョンしかない」ということもなく、正規版がバージョンアップされた時点で、一緒にバージョンアップしているようです。

インストール回数についても制限はありませんので、試用した時点で不安定だったりして放置したとしても、新しいバージョンで試したければ再度インストールするだけで最新バージョンのデモを試すことができます。

ただし、「Tracktion V1 NFR(Not For Resale)版」という製品をユーザー登録することで、一切の制限無しにTracktion V1 を利用することが可能になりました!ノイズも入りません!
詳細はこの下をご覧ください。
(2005/4/7修正)

ダウンロード

http://my.mackie.com/products/tracktion/demo.asp
からダウンロード可能です。

順に、
first name: (名-ローマ字)
last name: (姓-ローマ字)
Email : (自分のメールアドレス)
Who referred you? (email address) : (あれば、紹介者のメールアドレス)
を入力するようになっています。

上の方に書いてあるのは、「将来的にTracktionの新製品情報を送ることがあるかもしれませんが、それ以外の目的で以下の情報を利用することはありません」といった内容です。

以上のことを入力してsubmitボタンをクリックすると、ダウンロードページが現れます。

PC版のみ、デモ版には3種類あります。(Mac版はサンプル曲付きバージョンのみ)

サンプル曲付き − Tracktion Demo (with examples)

Tracktionと、サンプル曲が4曲ほど入っています。また、サンプル曲を実行するために必要なフリーのVSTプラグインも付属しています。

初めてTracktionを試してみたいというかたには、このバージョンが一番お薦めです!
DAWを初めて使う、というような方にはサンプル曲の作り方を見るだけでも勉強になるでしょう。

サンプル曲無し − Tracktion Demo (no examples)

Tracktionと、サンプル曲を再生するときに使うVSTプラグインのセットです。
サンプル曲付きのデモのダウンロードが大変、という方には良いかも知れませんが、正直お薦めしません。

最小 − Tracktion Demo (minimal)

サンプル曲付きを試してみた後、デモ版のTracktionをバージョンアップしたい時にはこのバージョンで良いでしょう。VSTプラグインなども付属しません。

実行方法

各デモ版をダウンロードし、ダウンロードしたインストーラーを実行します。
ショートカットメニューは恐らく日本語版Windowsでは作成に失敗する筈です。
ご自身でショートカットを作成するなどして実行してみて下さい。

参考:FAQ_インストール

【↑ページの先頭へ】

Tracktion NFR版の登録

NFR(Not-For-Resale)版は通常製品の登録手順とかなり似ています。
具体的な手順は、[購入手続き]のページを参照してください。特に「ユーザーアカウントの作成」「キーファイルの入手」などは同じです。

ちなみに、製品版のT1を購入されている方でもNFR版を登録することが出来ます。その後、「MyMackie」を見ると次のようになります。キーファイルの更新手順等も同じになります。
図:上が製品版、下がNFR版の登録情報。

1.まずはアクセス

http://www.mackie.com/tracktionpromo
へアクセスしてください。
公式サイト(http://www.mackie.com/products/tracktion/index.html)からだと、右下にある「Register Not-For-Resale Software:」にある「simply click here」をクリックすれば同じリンクへたどり着きます。

この後、スムーズに登録するためには(マシンIDを登録しておいた方が手間は少ない)、先にデモ版を入手しておいた方が良いかも知れません)

2.ユーザー登録

既にユーザー登録して、ログイン済みであれば3.の画面が表示されるかも知れません。
ユーザー登録は[購入手続き]にある「ユーザーアカウントの作成」と同じですので、そちらを参照してください。
ただし、E-mailアドレス以外は入力しなくても良い項目も多いようです。ただ、なるべく国名はJapanを選択しておくと「日本でも使われているよ!」というアピールになって良いかも知れません。

  • What is your email address?

e-mailアドレスを入力
(後で制限解除するためのキーファイルを受信するために必要なので絶対に間違えないでください)

  • Do you have a password?

No, にチェック

して、次に進み各項目を入力します。

【↑ページの先頭へ】

3.NFR版の登録

次のような画面になりますので、各項目を入力します。

入力項目

  • Macine ID

マシンIDが解らなければ0、デモ版をインストールしてから解っていれば自分のPCのマシンIDを入力します。ここでマシンIDを入力すると、登録完了後すぐにKEYファイルがメールアドレスに送られてきます。

  • How wer you referred? :

どっから来たか、という問題みたいですが、ちょっと難しいです。
「Magazine」辺りでも選んでおけばよいかもしれません。

  • Magazine/Rep/Dealer/School Name :

具体的にどこから、ということですが解らなければ「Guitar Player」でも良いでしょうし、書かなくても大丈夫そうです。

  • Which platform do you use? :

実際に使うPCのOSを選択してください。

  • other Platform :

上に選択肢が無い場合ですが、きっとそんな人は居ないと思われますので、(空白)で結構だと思います。

  • What other software have you condsidered? :

他に検討対象にした(興味のある)ソフトをチェックします。

  • Do you own an audio/MIDI interface? :

オーディオ/MIDIインターフェースを持っているかどうかの質問です。

  • What do you plan to use Tracktion for?

Tracktionの使用目的です。

  • What type of accessories do you plan to use?

Tracktionに接続する楽器/機器をチェックします。

あとは、「Register Tracktion NFR>>」をクリック!でオッケーです。

【↑ページの先頭へ】